日本食品成分普及協会のホームページにおいでくださいまして、ありがとうございます。

健康な人は、毎日食事を欠かすことなく摂り、健康を維持しております。しかし不幸にも健康を害し、やむを得ず病の進行を遅らせるため、面倒な食品成分を計算しながら食事療法を行っている方々がおられます。一方、不摂生な外食による栄養のアンバランスに悩まれる方々も増加しております。
私達は食事を「生きるための基本」と捉え、食品の根幹をなす“食品成分”に目を向けてみました。

ここで健康なあなたにご質問させていただきます。
●あなたは、一日でどのような食品成分が含まれた食事をされていますか?
●あなたは、摂りすぎてはいけない食品成分をご存知ですか?

食事療法をされているあなたにご質問させていただきます。
●あなたが摂っている週単位での食品成分と総量をご存知ですか?

この答えが瞬時に判明すれば健康増進はもとより“栄養過剰”は抑制され、“食事療法”をされている方々には最適な情報となります。
私たち日本食品成分普及協会は、この“食品成分の社会的開示”を呼びかけ、国民の保健向上に寄与するべく普及・啓発活動を進めて参ります。

 食品成分が開示されると、次のようなメリットがあります。

食事療法をされている方へのメリット
1. 外食時の食品成分が判り、食事療法を行うための手助けとなる。
2. 日単位、週単位、月単位、年単位の食事における取得した食品成分と量が判る。

食品成分を開示した企業のメリット
1. 食品成分を開示することによって、企業イメージのアップが見込める。
2. 食品成分を開示できない企業との差別化がはかれる。


トップページごあいさつ活動内容当協会について入会のご案内解説一覧映像一覧
Copyright(C)2013 - 2015 一般社団法人 日本食品成分普及協会 All rights reserved.